小顔になるために 顔の筋肉の位置

小顔になりたくありませんか? 筋肉 即効性 セルフケア 呼吸

今日は小顔に関わる筋肉の話。

顔には書ききれないくらい
たくさんの筋肉があります。

その中でもやっぱり大きな筋肉が
骨格を作るのに一番関わっています。

小顔になるために 顔の筋肉の位置

咬筋
はとても強い筋肉。
この筋肉がキュッと縮むと
エラの骨を横に引っ張ってしまいす。

よく、ボトックス注射とかで
エラを引っ込める時に
アプローチする筋肉です。

前頭筋はキュッと縮むと
目が開きにくくなるため
目が小さく見えるだけでなく
顔全体も間延びしたような
感じになります。

側頭筋は場所でわかると思いますが
頬のリフトアップにも関わるし
キュッと縮むと
頭を横に広げてしまい
顔を大きく見せてしまいます。
あと、側頭筋がカチカチになると
頭痛の原因にもなります。

後頭筋は前頭筋と
帽状腱膜で繋がっていて
キュッと縮むと
引っ張り合いっこをしてしまいます。

なので、小顔になりたいときは
前頭筋だけでなく後頭筋も
緩めてあげることが必要になります。

首の、コリにも関わります。

セルフケアは
それぞれの筋肉を優しく挟んで
軽く呼吸をするだけです。

側頭筋と咬筋は両手ではさみます。
前頭筋と後頭筋はそれぞれ
手のひらで全体を包み込むようにして
呼吸をしてください。

吐いた時に
なんとなく触れているところから
空気が抜けていくような
イメージをしながらゆっくり
やってみてくださいね。

簡単ですが、即効性があると思いますよ^ ^

関連記事

  1. 耳のあたりのリンパ図解
  2. 骨格美セラピーサロンfuwari 7月予約受付中
  3. スポーツマンのセルフメンテナンスにも
  4. 優しい雰囲気 ハート
  5. 本当の意味での自分軸
  6. fuwariのロゴ ハート ブルー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP